箕面の庭 -ウッドフェンス-

今年も美しく咲いた白いモッコウバラ
お庭に出るたび、その優しい香りに包まれます。
以前、お住まいだった方が育てておられたバラで、
約20メートルのフェンスに所狭しと蔓をのばしています。



勢力旺盛な上、多くの株が植えられており
既存のフェンスが混み過ぎてきたので
株を整理しつつ、新たにフェンスを作っております。




春の花を楽しんだところで作業開始
メッシュフェンスに絡んだ蔓を外すのは大変でしたが
古い枝は撤去して新たに仕立て直しです。



これから横板をはって完成
バラが茂ると、あまり見えなくなってしまいますが
それまでの数年間、ウッドフェンスを背景にお庭を楽しんでいただきます。




春のクライマックスは白いバラの壁と、クリーム、イエロー、ブルーなどの花々。
そして夏の景色に少しずつ変化してゆきます。






お庭の手入れも時を経ると、
プラスばかりではなくマイナスする作業も増えてきます。
足したり減らしたりしながら、環境に合わせてより楽しみ多きお庭になりますように
今後も手入れを進めてまいります。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています
 

at 22:21, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

生駒の庭 -可憐な春-

桜の時もあっという間に過ぎ、春も残り少なくなってまいりました。
我が家の木々のまだ小さな若葉、
その優しい黄緑色が何とも可愛らしく心和らぎます。


こちらは昨春にリフォームを終えたお庭です
その後も季節を巡り、手を入れながら育てております。





三角の葉が魅力のサンカクバアカシア
お庭が一気に華やかになる黄色い花も、植栽幅を広げます。





球根の開花や植物の若葉により、石積み花壇内も明るくなりました。





小さな花ですらりとした可憐さ
原種系チューリップ ’ レディ・ジェーン ’



お庭で使用するチューリップは、殆どが原種系です。
開花時期の違う品種を組み合わせることで、より長い期間楽しめますし
カップ咲きやユリ咲き、花首の長いものや短いものなど多種あり
チューリップだけでも楽しみの幅が広がります。
何より植えっ放しで、毎年楽しめるところが嬉しいですね。


春のブルー





黄緑の美しい葉は黄金葉のコデマリ
沢山の中から一株一株選び、お庭につれてきた植物たち。
どの植物もそれぞれに良さがあり
空間に合わせ、その美しさがより引き立つように心がけています。





今春はたくさん花をつけたガマズミ ’ ステリーレ ’
今頃は満開になっていることでしょう





咲き始めのグリーンから、白に変化する花色も楽しみの一つ
シャキッと力強い美しさです。





一雨ごとに緑豊かなお庭へ。
以前は常緑樹がメインで、季節の移ろいを感じにくかったですが
葉を落とした様から、花や実だけでなく様々な姿で楽しませてくれます。




まずはお庭全体を構成しました後
二年後、三年後・・・ そして五年後、十年後へ向けて
植物の成長と共に、より良い空間になりますよう手を加えていきます。
また、変化するライフスタイルに合わせた環境に、誘導するのも大切なことです。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています
 

at 22:25, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

宝塚の庭 ‐春を楽しむ-

山手の閑静な住宅地のお庭
北向きなこともあり、花々の開花は少し遅めなようです。


透明感のある花色が美しいミツバツツジ
春はどの花も優しい色合いで、目にすると自然に笑みがこぼれます。





原種のチューリップやスイセンなど
定番の球根花ももう少しで開花です。





限られたスペースに合わせ、毎年ボリュームを整えながら
お庭を育てております。

南側のプライベートなお庭は、デッキや菜園スペースなど使うお庭。
そして北側、道路に面したこの花壇は植物を楽しむお庭です。
既存の植物を整理し、新たな植栽後4年が経過
それぞれに株が充実してきました。










季節の一年草は少しだけ・・・
ポットを季節ごとに入れ替える楽しみを




もう少しで多年草が最も輝く季節
植物の成長を楽しみにお庭に伺う日々です。

植物は物言わぬ生き物
生き物を育てる、大変さを含めた楽しみが
より暮らしを豊かにするよう願います。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 22:13, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

箕面の庭 - 花時 -

多年草と球根の花々が賑やかに集う季節
こちらのお庭も優しい春色です。

まるで陽光を映したような明るい黄色の花たち
寒さでこわばっていた体や、気持ちをも和らげてくれるようです。







門扉を開けるとすぐに、水仙ベビームーンの豊かな香りに包まれます。
更に今春はお客様のご希望もあり、多種増やしました水仙
中でも八重咲きで優しいクリーム色の花は、とても可憐です。







お庭における草花の分量や色目などは、ご要望により様々で
毎年少しずつお好きな植物をプラスしながら
今年よりも来年、そして再来年と
年々積み重ねにより、楽しみ多きお庭を目指しております。







今年も美しく咲きました。
雀隠れの季節、ふさふさに茂ったミモザにも雀がいっぱいです。




花々を楽しむと同時に、お庭仕事が忙しくなる時期
夏に向けての準備を進めてまいります。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:20, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

春の兆し -豊中の庭-

はりつめたような空気も緩み始め
小さな春を見つけるたびに、嬉しくなる日々です。

こちらのお庭でも、少しずつ芽を出し始めている球根たち。
まだ少し先にある華やかな春へ、ゆっくりゆっくり近づく・・・
その時間がなんとも楽しいものです。






春を告げる花
冬の終わりから春先にかけて花を咲かせる待雪草






大きな羽状の葉を優雅に広げるシダ植物
若芽は山菜で知られる『こごみ』です。
黄緑色の葉も美しいですが、立ち枯れの姿もシックで素敵ですね。






可憐な花に魅せられ、植栽頻度の高いツツジ科の植物
こちらでもコアブラツツジやブルーベリーなど多種植えさせていただきました。











木々の花は、形や色も様々ですが、
季節を移ろいながら、順に花を咲かせる姿は控えめな美しさ
草花の可憐さとは、また違った魅力があります。



まだまだ硬い蕾、香る季節が待ち遠しいですね。






二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 22:57, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

マンション花壇植栽 -冬から春-

こちらの花壇に関わらせていただき、まもなく4度目の春
今では大きく植え替えることはありませんが
冬から春、初夏から秋を楽しむ区切りに
毎年少しずつ手を加えるよう植栽しております。


花壇中央の優しいクリーム色のクリスマスローズ
選ぶのに迷うほど品種が豊富で素敵な花ばかり。
こちらは上向きに咲くタイプなので、低い花壇でも楽しめます。




決して広くはない奥行20cm足らずの細長い花壇
スペースの大きさに加え、日照時間や風の強さなど様々な状況から植物を選びますが
意外と多種多様な植物を楽しめます。

これから5月いっぱいまでが華やかな花壇
幅広い年齢層の方がお住まいな中
特に奥様や小さなお子様が楽しみにして下さっているようです。
中でもクリスマスの飾りは、毎年の恒例になりました。

昨年はモスで作ったブーツをぶらさげて
思い思いのお願いを・・・








ツリーとお決まりのプレゼントを
毎年どんな飾りにするか考えるのも楽しい時間です。










サクラソウなど春の草花に加え、カラフルな球根が彩るのも間近。
今年もより楽しめる花壇へ、手を入れてまいります。








二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 22:50, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

川西の庭 -ガーデニング-

先日から自宅側の箕面川に渡り鳥がやってきました。
暖かくなったと思えば、また寒くなったり・・・ 
春まで行きつ戻りつの日々ですが、
優しい春色に装う街の景色が待ち遠しいものです。


先日 お伺いしましたお庭です
当初の植栽後、お好きな植物をプラスしたり、上手く育たなかった植物を植え直したり
お客様が毎年少しずつ手を加えながら、ガーデニングを楽しんでおられます。

今は早咲きの球根花や一年草が、寒々しい景色を優しく柔らかに
小さな花のクロッカスも、まとめて植えると大きな花のように感じられます。
この大きく空いたスペースは大型のギボウシが植わっていて
初夏から秋まで美しい葉を楽しめます。
地上部がなくなる冬から春は選手交代、春咲きの球根花を楽しむ良きスペースになります。










時を待つように蕾を大きくしている樹木
季節により様々な表情を見せる植物は、そのどれもが力強く健気ですね。









私が関わらせていただきますのは、樹木の管理と手入れのアドバイス程度。
成功や失敗も含め、ガーデニングの醍醐味を満喫しておられ
お伺いするたび植物の話題が尽きません。
私自身そんなお時間をとても楽しみにしておりますし
植物と関わる楽しさを改めて感じます。

手入れは、伸びた枝葉を剪定するのみならず
豊かな暮らしに繋がる、より良い楽しみ方を提案し実践すること
様々な条件に合わせて、私の関わり方もそれぞれです。
何より、決して特別なことではない
植物を愛でることから全てが始まります。




お客様が種から育てられた一年草
今年もお庭が華やぐ季節がやってきました。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:30, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

神戸の庭 -グラスを楽しむ-

既存植物を整理しながら少しずつ進めておりますお庭づくり。
遮られることのない強い陽射しと風により、暑さや乾燥の厳しい条件ですが
当初の植栽より2年半が経過、それぞれの株が落ち着き育ち始めたところです。






光に透けて輝くグラスの穂を思い浮かべ、植栽しましたこちらのスペース。
当初は穂が上がらない株もありましたが
ようやく大きく成長し、思い描いた景色に近づいてきました。




植え込みました多種のグラス植物は、穂を上げる時期も様々ですので
夏から冬まで長い期間楽しませてくれます。



同じく多種植えたノリウツギも強健で、蕾から立ち枯れまで
長い期間楽しめる素敵な植物。










秋も深まり間もなく本格的な冬
木々が葉を落としても、風になびくグラスの穂がお庭を賑やかに
晩秋の庭を楽しませてくれます。




こちらのお庭では年内に殆どを刈り取ってしまいますが、
多年草やグラス類の立ち枯れは、お庭の骨格を形づくってくれ
また霜が降りてきらめく姿は冬ならではの楽しみです。



お庭のご訪問数は、植栽内容等により異なりますが
一年を通し、季節の移ろいによる変化に合わせてお伺いしております。
住人のように、住まいながら手を入れるような感覚をイメージしており、
時には作業がなくても足を運ぶことも・・・

それぞれの環境や条件により、お庭のあり方や植物との距離感も様々です。
より多くの『 〇〇ならでは 』の楽しみを、ご提案出来るよう今後も努めてまいります。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 21:33, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

川西の庭 -進行中-

手入れを含めたお庭全体のご相談をいただき
ただいまリフォーム中のお庭です。

まずは既存樹木の整理から
想い入れのある大切な樹木の手入れや
枯れていたり、形の悪くなった樹木の撤去から始めました。















そしてダイニングに面したお庭スペースも
ご家族で楽しめる場へ
空間をより広く感じ、使い易いように。





樹木手入れ後、中断しておりましたが秋になって再開
レモンの木をメインにレンガのテラスへ。







これまでの用途を満たしながら、より良いスペースになるよう
今後は植物を加え、お部屋からも楽しめるキッチンガーデンへ
完成までもう少しです。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:26, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

東近江の庭 -晩秋-

木の葉が染まり始めた色取月。
様々な果実も実りの時を迎え、美味しいものの誘惑多き季節ですね。

ただいまお庭では、植物の成長を確認しながら花後の手入れを。
また春に向けて準備を進めております。

暑い時期は、除草が作業のメインになることも少なからず。
まだ土が温かいこの季節は、新しく樹木を植えたり、植物の配置を変え
植栽計画を見直すのにも良い時期です。
お庭を美しく彩る様を、想像しながらの手入れは庭仕事の醍醐味です。



そして、お客様が手入れも楽しんでおられるこちらのお庭
植栽後の経過確認に伺いました。
台風など雨の多い季節を経て、それが恵みの雨になったものばかりではなく
状況を悪くしている植物もありました。


美しい盛りのグラス植物
ムーレンベルギア ’カピラリス’
カーテンのように透け感のある赤紫の穂が
後ろの景色への奥行を感じさせます。

秋の風にそよぐ姿が、何とも美しい植物です。






お庭を持たれるのが初めてのお客様
植物の手入れへのプレッシャーも大きいでしょう。
春の芽吹きから枯れた姿まで・・・
季節を移ろう、自然の営み全てを愛でる楽しみ。
暮らしに寄り添うこの場所が
時を豊かにしてくれることを願います。






小さな花を元気に咲かせているのは
ルリマツリモドキとアキレア ’ノブレッサ ’
共に6月から10月頃まで、長きにわたり咲き続けてくれます。
たとえ片隅の一輪であっても、花が咲いていると心和らぎますね。









お庭空間と同時に、建物や倉庫も新たな設えに。
まだまだ住まいづくりは続いていきます。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:51, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -