<< 神戸の庭 -晩秋- | main | 川西の庭 -手入れ- >>

ガーデニング研究会 11月

毎月 第3日曜日に開催されているガーデニング研究会
先月に続き今月も参加させていただきました。

今月もテーマが豊富で11時から18時まで
途中休憩をはさみつつも長時間 にわたり行われました。


まずは武部先生から、スペインのカタルーニャ地方に伝わる伝統工法である
カタルーニャ・ヴォールト工法についてのお話し

型枠を使わずに直接空中に積み上げて
ドームや回り階段を作る工法で
ガウディもこの工法により複雑な建築をつくられたようです。
武部先生が現地で実際に工法を体験されたお話しを交えながら説明して下さいました。


そして8月に見学させていただきました
緑風舎のその後のお話しを
見学時はまだ施工中だったお庭
新たにつくられた巨大なベンチの工法を含めてのお話しを伺いました。



日々の仕事では遭遇しない、全てがダイナミックなお話しでしたが
既製品ではないので、アイデアや工夫によって
色んな可能性が無限に広がる

楽しさと同時に怖さもあって、それの繰り返しですが
より良いプランを生み出せるよう
少しずつ自分が出来ることを増やしたいと思います。



そして この日はニワプラスの最近の活動報告もありました。



最近 沢山のイベントがありニワプラスの催しも多く
主宰の方々には日々の仕事もお忙しい中
企画から当日の段取り、その後のことまで いつも有難うございます。

なかなか全てのことに参加できないのですが
可能な日は出来る限り加わって、様々な体験をさせていただいております。

最近のイベントでは、以前のブログにも書かせていただきましたように
ニワプラス・トショカンと庭的晩餐会に参加させていただきました。

どれも日々の中では体験できない内容で
毎回のことながら、とても有意義な時間を過ごさせていただいております。


どちらもお庭でもてなすというイベントで
お庭をつくり、楽しみ方を提案する仕事をしておりますが
自分自身が実際に庭を使って楽しむことがあまりないので
本当の意味での楽しみ方を知らないように感じました。

まずは自分自身が食べて美味しいものをふるまう
そして楽しいと感じることでもてなす
本来 当たり前のことですが
仕事というくくりの中で、本質を見落としていたことを
改めて感じたイベントでした。



最近 お客様とお話しをしていて多々感じるのは
人にとって重要な 衣・食・住において
体に大切な無農薬の野菜を食べたり
機械に頼らずに暖をとったり、涼しくなる工夫をしたり・・・
山手にお住まいの方はまきストーブを使用されている方も多いですが
まきを自ら準備されたり・・・
その方 それぞれに重要なことに時間とお金を費やし
生活を充実させておられる。

大量生産されるものや、一時のことではなく
生活の本質をただすというのでしょうか
きちんと暮らしておられるように感じます。


もちろん遊びの部分もそれに繋がっていると思いますが
自分にとって大切なものを見つけ
あれもこれもではなく
大切なものをより大切に過ごす

それは高価なものを身につけたり、食べたりすることではない豊かな暮らし
つつましやかでいて、何よりの贅沢でもあります。


わたしにとって その贅沢と言えば、やはり人との関わりでしょうか
大切な人と過ごせる時間は何よりの幸せのように思います。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト  

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   






大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています 

at 23:51, u-ito, ガーデニング研究会

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。