<< ロハスフェスタ -2- | main | 甲陽園の庭 -3- >>

奥池の庭

先日伺った奥池の庭
寒さの厳しい奥池の冬は長い
そんな冬の訪れの前に、少しずつお庭仕事を進めてまいりました。

とにかく広いお庭で、さらに急な斜面なため
殆どのスペースが斜面を覆う芝となっています。

既存の樹木は以前のお住まいから移植されたものが主で
シンボリックなサクラの木がお庭の主役のようです。

お庭の現状の様子








日々お忙しくされているため
お庭作業に費やせる時間は短く
芝の管理も依頼されているようです。

斜面の土地という使い勝手の悪さや
全体をもっと楽しめるお庭にされたいのがお悩みで
このたびは、少しずつ手を入れながら改善していくべく
そのとっかかりとしての作業でした。


まずは主役のサクラの木の足元の花壇の作成
リビングから一番楽しまれている花壇で
現状は土が流れてしまい、同時に置いただけのレンガが倒れている状態です

不陸の激しい斜面で、現状に合わせながらのレンガ据え付け
一回り大きくしました。



               ↓

毎年この時期にチューリップの球根を植えて
春の開花を楽しまれているようです





そして隣地のコンクリート壁が気になっておられたスペースには
大き目の樹木を植えました。
ブルーベリーなど収穫を楽しまれているこちらの花壇
このたびは寒さに強いジューンベリーとナツハゼをプラス。



           ↓

レンガ縁取りの直線花壇に奥行と立体感が出るよう
来春より低木や下草を加えます




こちらは
毎年アサガオをフェンスに這わせて楽しまれている階段下のスペース



              ↓ 

このたびは柱を利用してステンレスのワイヤーを張りました


 




既存のラズベリーを移植し早速誘引しました


さらにヒメリンゴとスモモの苗木を植え
収穫の楽しみが広がります。

急激な変化は逆にストレスに感じるので
今後も長い時間をかけて、部分的に少しずつ手を加えながら
より使い易く楽しめるお庭になりますよう作業を進めてまいります。


最近ご依頼していただくことの多い
一年を通じての手入れを含むお庭の改善
住まわれる方のライフスタイルに合わせて
程よい距離を保ちながら、長くお付き合いできますよう願っております。


このたびも手作業でした、樹木や材料の運搬
応援して下さったのは 庭空間設計eni の堀江さんです

作業終了後、堀江さんが手掛けられたお庭を見学させていただきました
夜でしたので、多用された照明が美しく効果的でした
初めて一人で納められたお庭だそうで
現場のみならずお客様の対応からも
どれだけ丁寧なお仕事をされたかが伝わってきました。


堀江さんはお庭の設計を学んだ専門学校の先輩であり
独立前は同じ職場でお世話になった
前を進まれている、私にとって一番身近な方です。

今 改めて考えてみれば
堀江さんの背中を見ながら進んできたようにも思います。


堀江さんの特徴である
設計やデザイン力、そして素晴らしい手描きの図面

そんな素晴らしさに少しでも近付けるよう
そして似せたものではなく自分なりの形に出来るよう
日々を進めております。


お互いに独立し、一人になってなお
また共に仕事が出来る機会を
大切に、そして幸せに思います。



庭空間設計eni-さんはこちら →  







二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト  

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   






大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています 

at 12:42, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.gdo-u.com/trackback/91