<< 樹木の山へ | main | 西宮の庭 -作業 1- >>

第10回ニワプラス

昨日 開催された第10回ニワプラスは
ニワ・プラス・トショカン  〜庭でニワを語る〜 
と題して奈良県立図書情報館でおこなわれました → 


こちらは奈良県図書情報館の乾さんと
ならそらの山本あつしさんのお力添えにより実現した
9月から11月の3回にわたって
庭でニワや新たなコミュニティについて考えるアウトドアフォーラムです。

図書情報館の新たな取り組みでもある このフォーラム
第1回目のゲストは木津川アートプロデューサーの佐藤啓子さんです
そして 私たちニワプラスメンバーも裏方として参加させていただきました。







開催時間より早めに集合してイベントの準備中です
女子チームはサプライズに使用するお茶とお菓子を担当





ゲストの佐藤啓子さん ( 木津川アートプロデューサー ) 右
ファシリテーターの山本あつしさん ( ならそら ) 左

そしてコメンテーターはニワプラス主宰
辰己耕造さん、二朗さんご兄弟と北谷知之さんです。







一部はスライドを見ながら佐藤さんのお話を伺いました
ご自宅の庭 『 J’garden 』 が出来るまでの話や
イギリスの庭を旅された際のお話、そしてフラワーショーのお話など

ご自身の庭をつくられた実体験に基づく
飾りのないリアルなお話がとても新鮮でしたし
何よりお庭を愛しておられることが伝わる、女性目線の繊細なお話
そして ” 庭は自分自身と対話する場 ” とのお言葉にとても共感できました。

この日 ご用意されていた沢山のお写真
時間の都合もあり、走るように拝見させていただきましたが
もっとお写真を見せていただいたり、ゆっくりお話しを伺いたいと思いました。


その後は皆で図書館のお庭を散策






すっかり秋めいてきたお庭には、爽やかで心地よい風が吹いていました
そして大きなカシの木の側で、サプライズのティーパーティーを。







参加されたお客様にもお手伝いいただき即興ガーデンパーティー







佐藤さんがご用意してくださったケーキとお茶を味わいながら
更にお庭の話を










庭をつくるにあたりデザインや見た目を重視してしまうことも多い
けれど自分が庭で何をするかを考えると
最近は何もしないが本音です。

ただただ そこに座りぼんやりする
もちろん花を愛でたり樹木に癒されることも楽しみですが・・・

何かがあるからだけではなく
庭の楽しみは、誰と過ごすかも大切なことです
私のように一人ぼんやりもなかなか贅沢な時間です。

日々のライフスタイルにより様々でしょうが
個人邸のお庭で考えると
身近にありすぎて気づかない幸せと同じで
さりげなく寄り添える空間であればいいなぁと思います。


この日 お庭でいただいたお茶とお菓子 とても美味しかった
こんな些細な感激を、日々の中で少しでも味わっていただけるよう
お庭に関わっていきたいと改めて思いました。




まさに手作りのガーデンパーティー   最後に記念撮影です


写真撮影はMONKYデザインチームの山田陽介さんです  
この日も裏方に徹してサポートしてくださいました。
デザイナーの山田さんは
いつも私たちとは違った目線から新鮮なご意見をくださるスマートな方です。

ニワプラスには、庭をつくる仕事はもちろん
その中でも個々に様々で、個性的な面々がおられます。

皆が集まれることも少ないですが
メンバーが黒子のようになって、何かを成し遂げるというのも
なかなか楽しく貴重な体験でした。



次回 ニワ・プラス・トショカン  〜庭でニワを語る〜 供,
2013年10月27日(日)に開催されます
 ゲストはハナムラチカヒロさん ( ランドスケープデザイナー/アーティスト )
申し込みは2013年9月29日から受け付け中です

ご興味がございましたら是非に!!


お申込みはこちら

奈良県立図書情報館 → 





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト  
わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   






大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:53, u-ito, ニワプラス

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。