<< 神戸の庭 -その後- | main | 豊中花壇植栽 -夏- >>

ベランダの彩り -2-

お盆までにバタバタとご訪問
お忙しくされているお客様のご予定に、少し組み込んでいただいて
植物のお話しやら、日々のお話しやら・・・
そしてささっと手入れも


垂れ下がったリシマキアや
枝に這わせたつる植物のハンチョウヅルを整理しました



花が咲き終わった後も、常緑の多年草で全体のバランスはそのままに
ただ つる性植物は伸び放題でしたので程よくカット
切り戻すことで、新しい葉の更新に繋がります。

そして鉢植えや狭いスペースの場合は
植物のボリュームをコントロールし、また見た目の美しさのためにも
切り戻しや植え替え作業が必須です。

けれど手入れのしやすい丈夫な植物を選ぶことで
神経質にならず、気軽に楽しめます。







鉢植えのジューンベリー
お子様とご一緒に実の収穫を楽しまれたそうです。

お水やりも欠かさず、大切にしていただいていたのですが
暑さから乾燥も激しくハダニの被害に・・・


特に雨や夜露に当たらない場所での管理は
植物の株元だけでなく、葉にもシャワーしてあげることで
乾燥を少し緩和出来ます。

これは観葉植物など、室内で管理している植物も同じで
葉が縮れたり、色が悪くなって観賞価値が下がってしまいますので
特に夏場の管理では要注意です。

こちらの鉢も、垂れ下がったディコンドラを程よくカット
その他 常緑ヒメウツギやキチジョウソウなどは順調でした。



植物は物言わぬ生き物だけに
日々の変化に、出来る限り早く気付き対処することで
ダメージを最小限にとどめることができます。

言葉の通じない動物も同じですが
相手を思いやる気持ちは、対人間も同じく大切なことですね。





二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト  

わたくしも参加している
      ニワプラスのポータルサイトはこちら → 






大阪 箕面のガーデナー
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:43, u-ito, 植物の話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。