<< 2018年 | main | 目神山の家 ‐花時- >>

春の準備  -川西市 法面植栽の庭-

春を待ちながら、土の中からそっと顔を出す小さな花に嬉しくなります。

もうすぐお庭が一番華やかな季節

大好きな花たちを楽しみにしながら準備をします。

 

 

この日はお客様と一緒にお庭作業を。

まもなく芽吹く球根や宿根草を傷めないよう注意を払いながら

腐葉土やお庭の落ち葉、堆肥などを土壌にすき込みました。

 

 

 

大小のフォークを使って、可能な限り空気を入れながら土をふかふかに。

そしてバーク堆肥を敷きマルチングします。

 

 

私どもは主に春と秋の手入れの際、植物の植え替えなどに合わせ、

植栽スペースに3〜4cmの厚みでバーク堆肥を敷いています。

 

バーク堆肥の効果は、その焦げ茶色により、植物が美しく生き生きと見えるだけでなく

乾燥や寒さを防ぎ、雑草も生えにくくなります。

何より自然界の落ち葉同様に、ミミズなどの微生物が土を耕し、土を良くしてくれます。

 

 

 

 

お客様お手製のギャザリングリース とても素敵です。

多年草を株分けたり、お気に入りの植物を種から増やしたり・・・

日々、ガーデニングを楽しんでおられます。

 

お庭づくりもその後の手入れも、

お客様に寄り添いながら、様々な形で関わらせていただいております。

 

限られたスペースの中で、植物を組み替えたり、新しく増やしたり・・・

お客様好みのお庭へ、今後もガーデニングは続きます。

 

 

 

 

大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 22:53, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.gdo-u.com/trackback/198