<< 植栽を終えて -東近江の庭- | main | 生駒の庭 -夏 2015- >>

鳥取へ

予定の合間を縫って鳥取へ。
目的はポール・スミザーさんの講習会
そして往復7時間のドライブです。


早起きは苦手ですが、午前中まだ涼しい時間帯に鳥取市の湖山池に到着。
これが池かと思うほどの広大な水辺が広がり、その奥には海が・・・
穏やかで静かな景色です。






水辺にある湖山池公園には
緑化フェアのためにポールさんが手掛けられた
ナチュラルガーデンがあります。

遮られることのない強風と陽ざし
土壌も酷い粘土質で植栽するには厳しい条件だったそうです。











秋に行われたフェアなので、秋が見頃のススキなどのグラス植物や
厳しい条件に耐えうる、地元に自生する植物が主として植えられていました。
また春に楽しむ多年草なども徐々にプラスされているようです。
グラスの穂が上がり、光に輝く姿は素晴らしく美しいことでしょう。





主役も脇役もなく互いに共生し合うお庭。
2年前の緑化フェアがきっかけで造られましたが
今後も市民の方々によって、更に成長し変化していくお庭です。



お庭造りは完成や行き止まりがないので
常に新しい発見があり、その都度手を加える
労力は大変かもしれないけれど、そこに楽しみもある。
手を加えただけの、時にそれ以上の素晴らしさを実感できます。








湖山池でのんびりした後、海辺を走り東郷湖臨海公園あやめ池公園へ。
天気もいい感じに晴れてきて
久々に休日らしいゆっくりした時を過ごすことができました。





日々、緑ある暮らしを提案する上で
自分自身が緑と対話し、ほっと一息ついたり・・・
木々の中で季節の風や香りを感じたり・・・

特別なことでも大そうなことでもないけれど
しばし立ち止まる時間が、とても大切だと改めて感じます。



ポールさんとの久々の再会
お庭を散策しながらのレクチャーは
いつもながら楽しく分かりやすいお話しでした。

実際にするとなると難しいことも多いですが
何だか出来そうな気になる、気にさせられる。

ポールさんとの出会いは十数年前になりますが
お話しを伺うことで、いつも この仕事を始めた原点に戻ることが出来きます。






お客様の殆どが、緑と接することでの失敗からご不安やお悩みをお持ちです。
大きな樹木も含め、手入れのご依頼が多いのも
そんなお困りからだと思います。

ですからライフスタイルやご希望、条件に合わせた植物を選定し
出来る限り少ない手入れで、空間を保てるようなご提案を目指しております。

開花した多年草を切り花で楽しんでいただくのも
実は次の花を楽しむための手入れに繋がること。

そんな日々のささやかな楽しみが、暮らしの豊かさになるよう
お庭や緑をご提案し続けたいと思います。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・手入れまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 15:14, u-ito, セミナー・勉強会

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.gdo-u.com/trackback/166