<< 生駒の庭 -進行中- | main | 甲陽園の庭 - 2015春 - >>

春の花壇 -豊中の庭-

春の花には香り高きものが多いですが
中でも代表的な沈丁花。
我が家でも、その高貴な香りに包まれる毎日です。


うららかな陽ざしと共に、お庭で過ごす時間が楽しく
また一年で一番華やかな季節到来です。

こちらのお庭では、まだ寒い時期に剪定や土壌改良を行ったバラに加え
先日、ようやく春から初夏まで楽しむ植物を植え込みました。

毎年、ピンク系のバラに合わせブルーの花を好まれますが
今春も昨年とはまた違ったブルーの花壇になるよう植物を選んでおります。



矮性種のルピナスやプリムラ、レースフラワー、ライムグリーンのニゲルなど
花首が伸びる種をメインにすると
沢山の株を植えても後々混み合いにくく
全体がふんわり優しいイメージになります。


夏を先どったような爽やかなブルーの花
ヘリオフィラ ロンギフォリア



一年草がメインになりますが
高性や大輪咲のワスレナグサやビスカリアなど。
まだ葉のみの株が殆どですが、これからが楽しみです。


また初夏まで楽しむ植物といっても
夏の蒸し暑さや西日に弱いものも多いです。
日当たり抜群のお庭はとても優秀なようですが
育てられる品種が限られるのも事実。

逆に日陰だからと、ガーデニングに消極的な方にとっては
意外に美しい葉色の植物を楽しめたり
育てられる植物の幅が広がります。


夏場の陽ざしがきついこちらのお庭では
夏は一旦お休みし、また秋口から冬に向けて
更に冬から春に向けて
植物を入れ替えながら楽しんでいただきます。




2階の鉢植えのバラも元気な新芽が沢山出ていました。
開花の時が待ち遠しいですね。





今は昨年末に植えた一年草たちが満開です。
まもなくチューリップが加わり
さらに華やかな花壇へ。




お好きな花を楽しまれることで
日々のお疲れが少しでも癒えたり
ひと時 心落ち着けられたら嬉しいですね。

美しきもや可愛いもの
花に限らず、風や香り、景色
また 家族だったり、友人だったり、動物だったり
言葉ではなく、ふと感じられる温かさや優しさに
何よりも幸せを感じます。



二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:32, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.gdo-u.com/trackback/156