<< 早緑月 | main | 生駒の庭 -着工- >>

豊中の庭 -バラの手入れ-

ただいまバラをメインに進めておりますお庭の手入れ。

普段は奥様が手入れしておられますが
冬期剪定や植え替え、また花壇の植込みなどを
お手伝いさせていただいております。





お庭の数十種ものバラ
フェンスやアーチの誘引を一旦はずし、剪定後に再び誘引し直します。
更にバラの根にとり、良き刺激とさらなる活力を与えるよう
株元の上部の土を入れ替えます。

こちらでは陽当りの良いメッシュフェンス部分での花を重視して
下部の枝を整理しました。






枝を寝かせた方が成長点が増えて、花も沢山望めますが
枝が早くアーチ全体に伸びるよう立て気味に誘引。
美しいバラのアーチを思い浮かべながら・・・





鉢植えのものは、昨年植え替えましたので
今年は株元の土を入れ替える程度に。

手入れ前

      ↓


手入れ後  




2階の鉢も同様に










花壇内の植栽は春先に、初夏まで楽しめる植物を植え込みます。
それまでの楽しみ
毎年ご注文のフリルパンジーをポットに。




ピンク系のバラに合わせ、ブルーを基調に植物を寄せ植えます。





門扉サイドの花壇には、フリンジチューリップの球根を多種忍ばせていて
今から春の眺めが楽しみです。





毎年フリルのパンジーとビオラ
そしてフリンジのチューリップを楽しまれます。
多年草をメインにご提案しておりますので
ご注文により一年草を扱いますのは、こちらのお庭が唯一ですが
より美しい品種選びのため
何度も市場に通い納めさせていただいております。

一年草は一時の花盛りが華やかですし
植物がお安い上に手に入りやすいこともあって
一般的に手軽に楽しめる植物です。
また一年草にしかない、可憐さや美しさも魅力です。

その反面 咲き終えた株を
新たな季節の植物に植え替える手間が必要になります。


私どもは一年を通して手を入れながら
お庭に関わらせていただくことが殆どですが
季節ごとに入れ替える一年草を扱わず
年々 株を太らせる、多年草をメインにご提案しております。

広いお庭のみならず、鉢植えであっても
植物が一時の装飾としてではなく
住まいにおいて、家族の一員のように
出来る限り長いスパンで、変化や成長を楽しんでいただきたい思いからです。

だからこそ上手く育たなかった時の潔さも含め
ライフスタイル、スペースや環境に合わせた植物選びは重要なことです。



今後もそれぞれの楽しみ方に合わせ
更に楽しみが増えますよう、より良いご提案を目指します。
植物がお好きな方、それほどご興味のない方にとりましても
暮らしをより豊かにするきっかけになりますよう願っております。




二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   





大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:40, u-ito, お庭の話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.gdo-u.com/trackback/152