<< ワークショップ -縁活- | main | 神戸の庭 -初秋- >>

とても待ち遠しい催しのこと

以前にも書かせていただいたのですが
その美しさと、そこに深く込められた想いに魅せられ
日々の暮らしの中で大切にしているものがあります。

それは江戸時代から受け継がれた
日本で唯一の唐紙屋 唐長さんの唐紙です。

板木から一つ一つ手仕事で和紙に文様を写し取った唐紙は
襖紙や壁紙として、神社仏閣や歴史的建造物、個人邸にも用いられています。

何千年にもわたり世界を駆け巡り
先人たちより受け継がれた様々な物語や想いが込められた文様。
その文様を写した唐紙の美しさを、初めて目にした時の感動は
今も色あせることなく、ずっと心に残っています。



そんな唐長さんの唐紙師トトアキヒコさんの作品展が
東京 丸の内の相田みつを美術館で開催されます。




美術館の広い空間で拝見できるのが
今からとても楽しみです。



祇園祭を控えたある日の京都
唐長さんのご厚意により
アトリエにお邪魔させていただきました。

その日も展覧会に向けての制作中で、大変お忙しいところ
トトさん、愛子さんご夫妻をはじめ
唐長のスタッフの皆さまが出迎えてくださり
色々とお話しを伺うことができました。


アトリエには様々な唐紙の作品が展示されていて
お玄関を入った瞬間より
美しい唐紙の世界が広がっておりました。

無限に広がる色と文様の組合わせはどれも素敵で
どんな美術品を観るよりも贅沢な空間に思えました。

アトリエ雲母唐長さん → 



アトリエでは時を忘れそうでしたが
その後はいつもお世話になっているスタッフの方と
ゆっくりお食事を楽しみ養源院へ。

俵屋宗達の重要文化財『 唐獅子図 』で知られる名刹養源院。
手掛けられた同じく重要文化財の『 松図 』の襖修復唐紙
そして非公開の唐紙作品『 星に願いを 』を拝見することができました。

俵屋宗達の重要文化財と唐紙の二面で成り立つ襖
ただ単に美しいものではない
長い歴史と共に受け継がれた想いの重さを感じながら
身の引き締まる思いで、襖の前に座らせていただきました。



ご縁あって唐長さんの唐紙と出会い
生活の身近に感じることで
視覚的のみならず、心の奥底を豊かにする
唐長さんの作品には、そんな見えない力が潜んでいるように感じます。

人とのご縁も全て必然であると考えると
嬉しいことも、不快に思うことも
自分にとって必要なこと。
だからこそ出会えたことをとても幸せに思います。




展覧会のフライヤーと共に贈ってくださった
葵唐草のポストカード

小雨降る京都で過ごした緩やかな時間
久々にゆっくりとお休みを楽しんだ一日でした。


トトアキヒコさんのブログ → 
展覧会のことや日々のことなど綴っておられます






二つの「願い」を込めた「庭や」たちのサイト

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   






大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:48, u-ito, アートの話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。