<< 西宮の庭 -初夏の手入れ- | main | 箕面の庭 -植栽- >>

久々に

先日まで開催されていた恩師の個展へ。
またしても最終日ぎりぎりでしたが
約2年振りに先生にお目にかかることができました。

年間に何件も開催されている展覧会。
その多くはグループ展ですが
このたびはお一人での開催とあって
長い作家活動の中で、古いもの新しいもの
バラエティーに富んだ作品の数々
広いギャラリー内、小作品も多数展示されていました。











作家でありながら、私達にとっては美術の先生でしたので
とても有名で勢力的な作家活動も
その頃は身近すぎて
側にいらしてくださることを当たり前のように感じていました。

そんな高校生の時代
あまり学校生活を楽しめず、必要最低限しか登校しない年もある中で
絵を描くことに、ひたすら取り組んだ時期でもありました。

今 振り返ると、教師よりも作家としての先生の感覚に
影響を受けたことが大きいように思います。

教師引退と共に作家活動に専念のため、米子でアトリエを開かれましたが
展覧会の度、こちらに出てこられるのが
とても楽しみなようです。




物部隆一展  画廊ぶらんしゅ にて


この日 先生の小作品を初めて頂戴いたしました。
かたちや方法は、まだまだ見えていませんが
自分で何かを生み出したいという思いが
この頃から変わらずにあります。

会期後、搬出作業を終えて
同期と先輩と先生を囲んでお食事会へ。
久々に嬉しい時間でした。

 

わたくしも参加しております
      ニワプラスのポータルサイトはこちら →   






大阪 箕面のお庭専門店
ガーデンデザインオフィス ユウ
 
     http://www.gdo-u.com
設計・施工・メンテナンスまで一貫した庭づくりをおこなっています

at 23:48, u-ito, アートの話

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。